確かな品質で応えるロングセラー 鋭い切れ味永続き V金10号 抜群の切れ味 肉切り 調理器具 キャンプ バーベキュー BBQ 売れ筋商品 贈答 送料無料 楽天1位

店舗名:一心刃物

税込 送料込 カード利用可

7480円

この商品を購入する

仕 様  世界に誇る日本の刃物の5大産地 新潟県燕市 藤次郎の包丁です。
日本のみならず世界中のプロの料理人が愛用し評価されています。
 刃のV金10号は医療用メスのモリブデンバナジウム鋼よりも硬くて鋭く、切れ味の持続性がさらに優れ、研ぎやすい高級刃物鋼です。
 その上、V金10号はステンレスなので錆を気にせずメンテナンスが楽です。
 プロのクオリティ、そして刃物の町、新潟燕市の包丁ですので、プレゼントにも最適です。
藤次郎 / 藤次郎作 ステーキナイフ F-797 ●刃渡り:約120mm ●全長:約225mm ●製品重量:約75g ●心材:V金10号(VG10) ●側材:13クロームステンレス鋼  ●ハンドル材:積層強化材 ●ハンドル:口金付 3本鋲本通し  ●刃付:両刃(右利き・左利き兼用)
※保証書付き(有効期限:購入日より1年間)  万一、初めから切れ味が悪い場合や、製造上の欠陥による故障が生じた場合は、保証規定内容に従い保証いたしますので、当店までメール、またはお電話にてお問合せください。
切れ味とお手入れのしやすさを融合したCLASSICシリーズ  割込包丁の出荷実績日本一を誇る藤次郎株式会社が、自信を持ってお勧めする業務用包丁シリーズです。
創業以来長年培った切れ味の追求と、お手入れのしやすさの両立を高次元で融合した、まさに優れた業務用包丁の為の刀身素材を採用しています。
 熟練した職人が真心を込めて一丁一丁刃付けをしています。
髪の毛の伸びる方向の逆向きにこの刃を上手にあてると、髪の毛が裂ける程ですから、その切れ味には驚きです。
トマトもこの包丁の重みで力をかけずに綺麗な切り口で切れてしまいます。
さらにトマトを半分に切って、まな板の上に置き、トマトを手で抑えずに横から水平に薄くスライスできるほどです。
 この切れ味に慣れてしまうと、切れない包丁で料理はもう耐えられなくなるでしょう。
切れない包丁は時間も気も労力も奪い、切り口が雑になり味も損ないます。
毎日使用するものが良い道具なら、時間を効率的に用いることができます。
 心材の刃はV金10号(VG10)が使用されています。
一般的にモリブデン鋼・モリブデン・バナジウム鋼・特殊鋼・硬質ステンレス・特殊ステンレスと記載されているものよりも高級な材質です。
この材質はモリブデン、バナジウムだけでなくコバルトも含まれており、耐摩耗性、靭性、硬度の点で刃物鋼としての最適な条件を備えた高級ステンレス刃物鋼で、プロも使用しています。
 ステンレスですので、ステンレスではない包丁のように錆を気にする必要がありません。
モリブデンとバナジウムが添加された医療用メスがよく切れるのはよく知られていますが、さらにコバルトが添加されているため、さらに硬くて鋭く、切れ味がさらに持続します。
つまり研ぐ回数を減らしてくれますので、メンテナンスが容易です。
仕事で大量に食材を切る中で、すぐに切れ味が落ちてしまうなら、仕事もはかどりません。
 刀の伝統を受け継ぎ三層構造になっており、刃を挟んでいる側材は、刃のVG10よりも柔らかいステンレスが使用されているため、非常に研ぎやすい構造となっています。
固い刃の面積が少ないためです。
またV金10号は下位ランクのモリブデンバナジウム鋼よりも研ぎやすい鋼材です。

※研ぎ直しはメーカーにて研ぎ直しを有償で行っておりますので、購入後のメンテナンスも安心です。
その際のお手続きはメーカーのウェブサイトからお申し込み下さい。
ご自身で包丁を研ぎたい方に! SKG-32ハンディストーン どなたでも簡単に研げて、シャープナーよりも鋭い刃が持続するお勧めのアイデア商品です。
 またご自分で研ぎ直す自信のない方でも砥石を使用して研げる「トグリップ」という補助器具も販売しています。
シャープナーよりも鋭く、切れ味の持続性をお求めの方には砥石で研ぐのがお勧めです。
 下記のリンクをご参照ください。
包丁研ぎホルダー 藤次郎 TOGRIP(カラー___ブルー/ピンク/ブラック)  砥石 NEW CERAX CR-3800 3号型両面砥石 #1000/3000 砥石 NEW CERAX CR-4800 3号型両面砥石 #1000/6000 ハンディストーン包丁研ぎ SKG-32
※刃こぼれや、折れ、割れまたは刃が曲がる場合がありますので、冷凍食品には冷凍ナイフ、魚の骨やカニなどの硬いものを切る際には出刃包丁など、それぞれの用途に合わせた専用の包丁をお使いください。
たとえ薄い冷凍肉や冷凍した魚のすり身、または小さい骨であっても、刃を痛めますのでご使用はおやめください。

※他店で藤次郎の商品を注文したにもかかわらず、注文した藤次郎のロゴと品番でない商品が届くケースがございます。
 また、F-xxxの品番は現行商品で、藤次郎が長年に渡り高い評価を得てきた「藤次郎」の刻印が唯一ある庖丁の品番です。
旧品番ではございません。
FU-xxxはF-xxxの後継商品でもなく、別商品です。
誤った情報や商品コードを表記している店舗もあります。
お気をつけください。
 創業当時からこだわり続けた「最高の切れ味」を、その価値を認めてくださる方々に、料理する喜びとともに実感していただきたい。
それが藤次郎の願いです。
 藤次郎がある新潟県燕市は「燕三条」の名で知られる金属加工産業集積地です。
江戸時代初期に和釘の製造が始まって以降、刃物・ヤスリ・鎚起銅器・彫金・洋食器などが作られるようになり、輸出も盛んに行ってきました。
 得意とする技術は燕市の地域性を活かした「抜き刃物」です。
抜き刃物は、金属板から金型で打ち抜いて成形を行うため、安定した品質と効率良い生産性が特長です。
 機械によってある程度の効率化が可能であるとは言っても、やはり最後の決め手になるのは職人の腕や勘です。
 人が手で直接触れて使う道具だからこそ、ものづくりの根底であるつくり手の技術を尊重し、藤次郎ではすべての工程において職人が納得いくまで目を配らせています。
 伝統の技と現代の工業技術により、日本のみならず世界からも高い評価を得てきました。
藤次郎は、日本でも数少ない一貫製造の庖丁メーカーです。
 藤次郎のシンボルマークは、富士山が4つ組み合わさってできた形をイメージしています。
富士山をモチーフにした理由は、創業以来のトレードマーク「富士印」を継承すること。
そして、常に高みを目指していく企業姿勢を、その姿に重ねています。
 当店の藤次郎の庖丁には、長年に渡り高い評価を得てきた「藤次郎」の刻印と、常に高みを目指す富士山をモチーフにしたシンボルマークが刻まれています。

このお店のTOPページを開く